Translate

気楽に英会話 入門 Chap.5-2

Chap.5-1の続きです

信号を見て感想を持ち英単語を思い浮かべた所までがChap.5-1でした。
Chap.5-1に戻る


Chap.5-1のおさらい
  • 「赤信号が点灯している」
  • 「LED灯を使ってる」
  • 「右折用の矢印が点灯している」
  • 「視認性が高い」
  • 「晴れてる」
「赤信号」「点灯する」「LED灯」「使う」「右折」「矢印」「視認性」「高い(優れている)」「晴れ」の英単語を思い浮かべましたね。

ここからはあくまでも、いろいろな物体や現象を見て、英単語が苦も無く出てくるようになってからの話ですので、少なくとも半年~1年、出来れば2~3年はChap.4をマスターすることを優先してくださいね。
もちろん同時進行もできますが、焦ると挫折しますので、確実に上達するには、気長にトライしてください。


では次のステップに進みましょう!


ここで現象を見た単語をつなげていきます。
まず「赤信号」+「点灯している」をやってみましょう。
「red signal」+「illminate」で「Red signal illuminate」でしょうか?
これでも私たちは日本人ですから、ネイティブさんは多分理解してくれると思います。
でも「lit」なんて単語ほとんど使われないし…

ここで状況を設定する必要が出てくるのです。
会話の中で赤信号であることを告げるのはどんな状況でしょうか?
普通の状態で「赤信号ですねぇ」なんて言いませんよね。
もし言うとすれば、友達が運転している車に同乗していて、話に夢中になり友達が信号無視しそうになった時なんかですよね。
または、自分が運転していて、赤信号なのに歩行者が横断しているような状況ですよね。
こんな時日本語でなんて言います?
簡単に「今赤信号!」とか「赤信号だよ!」とか言いますよね。
英語も一緒。
簡単に「The red signal now!」とか「Red light!」とか言っちゃえばいいんです。
ただ、単語を知っておいて損はないので「illuminate」も辞書に入れときましょうね。
(ホテルかなんかでelectric light does not illuminateなんて言えますからね。)

次のパターンはどうでしょう?
「LED灯」+「使う」ですが、これは信号を見たときに会話として普通に出る可能性がありますね。
「LED light」+「Use」で「Use LED light」でしょうか?
どこどこなんてなっちゃいますから、「あの信号機は」と付け足してみましょう。
「That stoplight use LED light.」大丈夫です、ここまで言えば通じるでしょう。
「That stoplight is using LED light」なんて言えるともっと通じやすいですね。
もっと簡単に言っちゃうなら「That's LED stoplight」
全部意味は通じますよ。会話なんてこんなもんです。
日本語だって「あの信号はLED使ってるね。」だとか「LEDの信号機だね。」だとかで意味は一緒ですよね。
外人さんに「あの信号、LEDね」なんて言われたってあなたは理解できるでしょ?

次の「右折用の矢印が点灯している」は
「今右折できるね」で組み立ててみてください。

次の「視認性が高い」は、先ほどのLEDライトの話から続く会話で言いそうですから、組み立ててみましょう。
「視認性」+「高い(優れている)」で「visibility」+「excellent」
これに「LEDライトは」と主語を明確にするため「LED lights」を付けましょうか。
「LED light excellent visibility」でも分かってくれると思いますが
「LEDライトは優れた視認性を持っている」って言ったほうがさらに明確ですから
「持ってる」「have」の3人称単数形「has」を使って
「LED light has excellent visibility」って言ったら完ぺきでしょう^^

最後は天気の話題なので是非いろいろほじって覚えましょう!
日本でも「今日もいい天気ですね。」とか「毎日雨で嫌ですね。」とか「明日も晴れると良いですね。」なんてご近所さんとのちょっとした会話で言いますよね。
どこの国も一緒。
「おはようございます」の後に「天気の話題」。定番です。
会話をするなら、ここは是非マスターしておきましょう。
皆さんこれは本当に重要ですから、自分で例文を作って、まとめて覚えちゃいましょう。

作り方は上記と一緒。
「明日」+「も」+「晴れ」+「でしょう」
「tomorrow」+「too」+「sunny」+「will be」
「tomorrow will be sunny too!」

今回の大事なところ

―LEDのくだり―
全部意味は通じますよ。会話なんてこんなもんです。
日本語だって「あの信号はLED使ってるね。」だとか「LEDの信号機だね。」だとかで意味は一緒ですよね。
外人さんに「あの信号、LEDね」なんて言われたってあなたは理解できるでしょ?
ここ大事です!
世の中に人が100人いたら、表現方法は100通りあるんです。
正しい表現なんて断じて無い!
とにかく言ってみちゃうんです。口から発してみちゃうんです。
それで相手が理解できなかったら、言い直せばいいんです。
日本語だってそうですよね。
会話ってそんなもんです。
英語でブログ書くってなら話は別ですが^^;

―天気の話―
会話をつなげるためには、最高のカテゴリーです。
天気話は、必ずマスターしましょう!
あなたも是非、簡単な天気話を幾つも作ってみましょう。
出来上がりに自信がなければ、僕にメールをくれるか、コメント欄に記入してください。

もしくは、街で見かけたネイティブスピーカーに話しかけてみましょう。
声をかけるときは、元気よく「Hi!」
ほとんどの外人さんは「Hi!」と笑顔で返してくれますから
「I am learning English now.」なんて話を続けると
「Really?」とか「That's nice!」とか言ってくれますので
「Can I have your time?」と許可を取ってみて
「Sure!」とか「Of course」とか言われたら、会話をしてみてください。
忙しそうな人に声をかけなければ、きっと会話してくれます。
会話の最後は
「Thanks your time」に「Have a nice day!」とか、旅行者なら「Have a nice trip!」とか。
「Nice to see you!」で締めくくりましょう。


>>Go to Chap.6>>

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。