Translate

気楽に英会話 入門 Chap.6

今回は
英会話上達の秘訣『興味のあることはすぐに覚えます。』
について述べてみます。


Chap.4とChap.5までは理解していただけましたでしょうか?
要は、「目に映ったものをすべて英語で思い浮かべる練習を積む」という事でしたね。
まずは、物体を示す言葉(名詞)、続いて現象を示す言葉(動詞や形容詞)とステップアップしていくのが、上達の近道です。

さて今回は、人間の心理に基づいた面から、英会話を検証しましょう。

以下の画像を見てください。

A

B

C
Aは騒音測定器ですね。              英語では「Noise measuring instrument」
Bは大きなおっぱいの女の子ですね。      英語では「Girl with big boobs」
Cは電子錠ですね。携帯電話じゃないですよ。 英語では「Electronic lock」

どれが一番興味ありますか?
オイラはもちろん「B」です。
一番長く眺めちゃいます^^;
これは女性でも同じだと思います。(男性とは違う観点だと思いますが。)

通常、人は人に興味をひかれます。
でも、最近ドロボーに入られた!なんて人は、Cの電子錠に興味があるでしょう。
その時々、そのシチュエーション、バックグラウンドで興味の対象は変わります。

そして人は、興味のあることは、すぐ覚えるんです。そして忘れません。
思い出して下さい。
1.小学生の頃、好きだったクラスメイトの顔と名前は?
2.初めての海外旅行で、一番最初に訪れた場所は?
  1は、簡単に思い出しましたよね。顔だって覚えてますよね。
  2は、場所の名前は覚えてなくても、イメージ(映像)が今でも目に映りませんか?
では逆に
3.小学生の頃、嫌いだったクラスメイトの顔と名前は?
4.海外旅行中に食べたもので、2度と食べるかと思ったものは?
  3、おっと意外と覚えてるもんですね。顔も思い出せちゃいます。
  4.これも覚えてますね。味まで思い出しちゃいます。

そうなんです。
人は、好きなものや好きな事だけじゃなく、嫌いなものや嫌な事も忘れないんです。
これらをひっくるめて、「興味」と言います。
英語では「Interest」。(インターレストじゃないですね、インテュレストのほうが近いかな。

そこでオイラからの提案。
まず、何にでも興味を持つこと。
いつも心の中で「これ英語でなんて言うんだろう?」と疑問を持つことから始めてください。
そして、頭の中をさんざん検索して、あなたの英語力を駆使して、答えを作ってください。
そのあとに、辞書を引くなり、ググトラ(Google translate)なりで、答え合わせをしてください。
こうすることで、グングン英語力が上がっていきます。


A

B

C
あなたは、どの画像を英語で言えますか?(覚えてますか?)

ちなみにBの画像、
っていう落ちがあるんです^^;この画像の中でも、興味を持ったことしか目に入らないんですね!
いろんな事に、興味を持ちましょう!


>>Go to Chap.7>>

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。