Translate

英会話入門 Chap.8

今回は、英会話上達の秘訣『話しかけてみようについて述べてみます。


Chap.7のおさらい

英語を話すために、
「気」を遣い過ぎない、「評価」を気にし過ぎない、常に「(甘めの)自己評価」をする
でしたね。

ほんの少しだけ「気持ち」を変えてみるだけです。
では本題にいきましょう!

他人に対する壁

なに簡単に「話し掛けてみよう!」なんて言っちゃってるの?
そんな簡単に、他人に話しかけられるかよ!
なんて皆さん思いますよね。

日本人は他人に対して、非常に高い壁を作ります。
その割に、いったん壁を越えてきた人には、警戒心が薄れ、よく騙されたりします。

これに対し外国人は、他人に対しての壁が低いです。
しかし、その壁を越えてきた人に対しても、簡単に警戒心を解くことをしません。





日本人の壁




外国人の壁



この違いは、Chap.7でも述べましたが、相手が主体か、自分が主体かで生じるのです。

ここは是非、外国人の真似をしてください。
適度な警戒心を持ちつつ、他人に対する壁は低くする。」という事です。

ついでに話しますが、外人は初対面で握手をします。これは、かつては「武器を隠し持ってません」と言う証でしたが、今は「あなたとの壁はありませんよ」というパフォーマンスです。
武士も刀を右手に持つ、または右側に置くという行動で警戒心がないことを示唆しましたが、今の日本人にはこの類のパフォーマンスはありません。
その後、親しさの度合いにより、Bise(仏語でビーズ、英語でバイス)するようになり、Hugしたりするようになります。


深い意味はありませんが、オバマ大統領のものを集めてみました^^;


具体的にどうするか?

「心構えを変えて」と言っても簡単には変わりません。
まずは知り合いに「挨拶」をすることから始めましょう。
挨拶の「挨」は心を開く、挨拶の「拶」も心を開くという意味があります。

朝起きたらまず家族に「おはよう!」
家を出たら近所の人に「おはようございます!」
顔見知りの駅員さんに「おはようございます」
電車でいつも会う人に「おはようございます」
タバコ屋さんのご主人に「おはようございます」
会社の同僚に、上司に、受付のお嬢さんに…

とにかく挨拶をしましょう!
挨拶が、人と人をつなぐ最初の一歩なのです。

電車で会う人にもぉ?なんて思ったあなた、壁が高いですよ。
毎日会って、顔は覚えてますよね。
手始めに、「笑顔で会釈してみる。」ところからでも良いですよ。
慣れてきたら、「おはようございます。」って言ってみましょう!

海外にいる人は、現地の言葉でやってみてください。
斜向かいのおばさん、顔は知ってるけど話したこともない…
だったら、明日の朝早速挨拶してみましょう!

英会話への応用

挨拶ができるようになると、自然と他人に対する壁が低くなり始めます。

「無視されたらどうしよう…。」なんて考える必要ありません。
あなたが挨拶したことは、相手も認識しています。
ただ咄嗟に返せなかっただけかもしれません。
相手はきょう一日「なんで挨拶し返せなかったんだろう?」って後悔してるかも知れません。
だから明日の朝も「おはようございます!」って言ってみましょう。

そうして挨拶を続けていくうちに、外人さんに出逢うこともあると思います。
出逢ったら、「Good morning!」って英語で言えば良いだけです。
いなかったら、探してください。
探して、顔見知りになって、挨拶を交わす。
そして少しづつ会話を足してみましょう。

例えばこんな感じ
「Good morning」
「Good morning」
「How are you?」
「I'm fine. How are you?」
「I'm fine too.」
なんて感じです。

こうしてきっかけを作る事に慣れてくると、他人に話しかけることがそれ程、苦にならなくなります。
是非お試しください。

最後に美しいBiseを





▶▶ Go to Chap.9

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。