Translate

一般ピーナとの出会い方・口説き方<6>

前回は、地域の中の「会社」について書いてみました。
そこでの出会いが、恋愛に結びつく可能性が最も高いのが「会社」だとわかって頂けましたか?


もう一度読むーーー▶一般ピーナとの出会い方・口説き方<5>
もう一度最初から読むーーー▶一般ピーナとの出会い方・口説き方<序>

さて前回までで一般ピーナとの出会いには、
何らかのコミュニティに属する必要があるということが解って貰えたかと思います。
今までの話をまとめてみましょう。

フィリピン女性の基本的性質

フィリピン女性は恋愛の始まりに関してシャイなので、
恋愛をするためには、
男性が女性に対しアクションを起こさなくてはならない。

初デートまではお友達付き合いの範囲で、
試食会みたいなものだということを認識し、
初デートでは楽しい時間の共有を主眼に行動する。

美人で色の黒い155cm 以下の女性」が実は狙い目。
お姉ちゃん












女性と出会う為の最低必要条件

同じコミュニティーまたはカンパニーに属す」ということが最重要課題。

フィリピンという国で、
一般のフィリピン女性と共通のコミュニティーに属するためには、
フィリピノ語、タガログ語、英語等を身につける事が最低必要条件

地域社会での出会い

まずは「挨拶をする」ことが重要。
挨拶をする事から地域社会の中であなたのアイデンティティが確立されていく。
アイデンティティが確立されれば、出会いは向こうからやってくる。

団体での出会い

団体に所属し、コミュニティの一員となることで、
今まで出会えなかった様な人とも出会う可能性が高くなる。

その団体内で信頼を得たとしたら、
ちょっとレベルの高い女性と出会うことが可能。
真剣に結婚相手を探したい場合は、団体に所属しましょう。

会社での出会い

「会社」の仲間にはより強い連帯感や共感がある。
そこで働く男女間で恋愛に発展する場合が多い。

「会社」を作り、自分好みの一般ピーナを雇用することで、
恋愛に発展しやすい出会いを演出でき、
しかも性格や性質を把握した上で相手を選ぶことが出来る。

社内恋愛には「秘密の共有」があるので、
デートを重ねる、お付き合いをする、という行為自体が
二人の親密度を増し、恋愛成就に至りやすい。

出会い編まとめ

十数年前に初めてフィリピンに来た頃は、
タガログ語も喋れず、英語も会話が成り立つレベルとは言えず、
実際一般ピーナとの出会いなど考えられませんでした。

それがタガログ語が喋れるようになるにつれ、
一般ピーナとの出会いが増え始め、
今では「風営ピーナ」は周りに一人も居なくなりました。

よくよく考えてみれば、
フィリピンに居る限りは、
周り中殆どが「一般ピーナ」なわけで、
「一般ピーナ」との出会いは、それほど難しくはないなぁと思うに至りました。














日本だと違和感なく付き合える女性との年齢差は、せいぜい10歳まで。
フィリピンだと30年以上離れてても大丈夫なんじゃないか?と思えます。

  • 文化の成熟度が低い
  • 未発達なマスメディア
  • 極端な流行が無い

などが要因なのでしょうが、
ここフィリピンでは日本ほどゼネレーションギャップが見られません。

そして更に、日本人は若く見える傾向があるので、
実年齢のギャップと、見た目のギャップに差が生じ、
30年以上、もしかしたら40年以上年齢差があっても、
恋愛が可能なのかもしれません。

フィリピノ語・タガログ語(あなたの地元の言葉)をマスターして、
一般ピーナとの出会いを楽しみましょう!

Jugem Cart - 海外に販売できるネットショップを無料で開業
ブロードバンド最安料金比較。価格.com
カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

↓この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメントを投稿