Translate

日本人の7つの失礼な行為?

外国人から見た失礼な行為ということ、という記事から。

外国人が日本に訪問して感じた日本人の失礼な行為だそうだ。
そもそも「失礼」という言葉が当てはまるのかも疑問だが、一つ一つ考察してみたい。
青字は記事のコピペ。

1.「満員電車に乗る時に前の人を押すこと」
 前の人を押す?あからさまに押したら日本人とて怒りますよ。
 同じ方向に進んでいるときに手で押したら喧嘩になるね。
 体全体で押すか、背中で押すか。
 ラッシュ時の電車に乗ろうとしたら絶対必要なテクだよ。

2.「レストランにて大声で叫ぶこと」。公共の場所で大声を上げることはマナー違反とされるのが普通だが、日本人はレストランで「すいません」と大声で店員を呼ぶという。 
 大声で叫んでるとしたら失礼な奴だが、酔っ払いかグレか、
 レストラン側の対応に怒っている人以外で、こんな奴は居ないだろう。
 普通の日本人は、相手に届くか届かないか程度の声量を調節して呼んでいる。
 ってか、店員呼ぶのはどこの国でも失礼にはならんだろう。
  
3.「チップが不要なこと」。日本ではチップをあげることが、かえってその人の尊厳をおとしめることになるという。
 ん?日本人にしたら失礼な事に変わってないかい?
 それにチップをあげたって、尊厳を貶めるなんてことはないし。
 そういう文化ではないだけ。
 「お釣り取っておいて。」ってには時々あるよね。

4.「直接的ではなく婉曲(わいきょく)表現を使うこと」だ。他人との衝突や摩擦を嫌がる日本人は遠まわしに言うが、これは欧米では失礼になるという。
 うん、確かに歪曲(わいきょく)はダメだ。
 節度のある欧米人なら婉曲(えんきょく)表現を使うよ。
 自分の要求をストレートに言うか、言わないかってこと?
 それはあるかもね。
 逆に日本人は要求をドストレートに言われて、失礼だなと感じちゃうけどね。

5.「人が話している時に口を挟むこと」だ。日本人は会話の途中でいちいち「そうか」、「本当に?」などと相づちを打つが、多くの国では人が話している途中に口を挟むのは失礼なことだとした。 
 そもそも、口を挟むのと相槌を打つのは全く別物。
 ”Uh huh””Aha””Yeah””I see””Oui oui””Je vois””Ganon””Sige”
 ま、眉毛だけ動かして同意を示すなんてのもあるけど、
 多くの国では人が話している時に相槌すら打たないのは失礼に当たるよ。

6.「他人のためにドアを開けてあげないこと」だ。レディーファーストの国では男性が女性のためにドアを開けてあげるのが普通だが、日本にはこの習慣はないという
 レディーファーストの国ってのがおかしいんじゃね?
 男が女のためにドア開けてやるってんでしょ?
 日本人はそんな狭い了見で行動してないだけ。
 コンビニなんかで見かけるのは、
 老人・子供・妊婦さん・障害者・荷物一杯の人にはドア開けて進路も譲ってるよね。
 必要な時に必要な相手に対して必要なことをするってだけ。
 それを一瞬で判断して行動する日本人の精神は、
 欧米やらのレディーファーストなんて似非親切とはわけが違うっての。

7.「食べる時に音を出すこと」だ。麺類を食べる時に日本人は大きな音を立てて食べるが、外国人はなかなか慣れることができないという。 
 話にならん。
 スープ音立てて啜ったり、くちゃくちゃ音立ててってのは失礼だろうけど。

この手の記事は、毎度無理やり感が付きまとう。
「いくつの○○」って場合、大抵は一つ二つのそれらしい事に
記事に厚みを持たせたいのか、蛇足的に無理して付け足しをして、
結局支離滅裂になってしまうパターンが見受けられる。

今回の記事に至っては、
一つとして「失礼」にあたる物はない。
日本人が日本国内でしていることに対し、
ガタガタ言うほうが失礼だろう。
風習・風土・習慣・文化で行為や作法が変わるのは仕方ないことで、
外国人が日本を訪問してそこに違和感を感じるのも仕方ないことだ。

欧米の文化が優れている部分もあるが、
日本や中国はじめ、アジアの国々ににも、
アフリカや南米、中東にも優れた文化もあることを忘れてはならない。

そういった文化の違いがあるから
外国を訪れる意味があるのだろうし
他国のそれを批判や否定する必要はどこにもない。

相手の文化を重んじ、
相手を敬う気持ちが、
世界の平和につながっていくのだと思う。



 探し物にはコレ 車のキーや財布・スマホなどに

この記事が面白いと感じて頂けましたら↓クリックして応援していただければ幸いですブログランキング・にほんブログ村へ
コメントを投稿