Translate

国際競争力レポート 2013-2014

「日本の経済競争力アジアで何番目?」


世界経済フォーラム(World Economic Forum)が国際競争力レポート2013-2014(The Global Competitiveness Report(GCR) 2013-2014)を発表しました。

GCR 2013-2014では、148の国と地域の経済競争力が評価されました。




世界1位は、5年連続でスイス。

2位にはシンガポール。

日本は1つ順位を上げて9位、3年ぶりの上昇です。

お隣韓国は、順位を6つ下げて25位。

中国は29位、インドは1つ順位を下げて60位。

インドネシアが12も順位を上げて、38位。急成長ですね@@

フィリピンは前年から6つ順位を上げて59位になりました。

アジアでは
シンガポール(2)
香港(7)
日本(9)
TOP10

台湾(12)
マレーシア(24)
韓国(25)
中国(29)
タイ(37)
カザフスタン(50)
TOP50

フィリピン(59)
インド(60)
と続いています。



次の画像は、環太平洋地域各国の競争力を可視化したものです。














赤から緑に6段階で識別され、赤が遅れてる国(GCRポイントが低い国)、緑が進んでいる国(GCR
ポイントが高い国)になっています。
韓国の上にグレーの国がありますが、グレーは評価外の国です。

こうしてみると、アジアの活性が良くわかりますね。
(アフリカ大陸はほとんど暖色に染まっています。)

最後はGCRの評価の仕組みです。
左側の数字は
160+のパートナー機関が
15,000の企業経営者を調査し
5,600+の国際機関のデータ·ポイントと組み合わせ
12項目からなる柱で114の指標を生成
世界のGDPの99%を占める148ヶ国の経済競争力のランクを1979年から作成している
ことを示しています

12項目の柱とは
  • 制度
  • インフラストラクチュア
  • マクロ経済環境
  • 健康および初等教育
  • 高等教育および職業訓練
  • 市場の効率性
  • 雇用市場の効率性
  • 金融市場の成熟
  • テクノロジーの応用力
  • 市場の規模
  • ビジネスの成熟度
  • イノベーション力
だそうです。



世界経済フォーラムの創設者兼会長であるクラウス・シュワブ氏は次のように述べています。
「イノベーションは、その国が将来の繁栄を築き上げる能力という観点から、より重要なものとなります。
私は、『先進国』と『発展途上国』とを区別する従来の方法は次第に姿を消していき、その代わりに『イノベーション先進国』か、それとも『イノベーション貧困国』か、という見方が主流になっていくだろうと思っています。
したがって、ビジネス、政府、市民社会のリーダーたちが、イノベーションを推進することを目的と
して、教育システムを創出し、そのような環境を実現するために協働していくことが重要です」
(世界経済フォーラム公式サイトから抜粋)

政権交代による「政治家の信頼度」がぐんと上がって、3年ぶりにランクが上昇、9位に入った日本。
景気が良くなると良いですね!



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。