Translate

世界で一番売れているモノ

世界の人はいったい何を一番買っているのでしょう?


前々回、前回とフィリピンで一番売れているモノ、アジアで一番売れているモノを紹介してきました。 今回はマーケットリサーチのカンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)発表の、 世界の人が購買するTOP10ブランドを紹介します。

TOP 10 FMCG GLOBAL BRANDS(2012)

RANK TRBRAND CRP
 (Million)
PENET-RATION FOP
(回/年)
CRP前年比
1
COCA-COLA
5,295 43.9% 14.7 0%
2
COLGATE
3,330 65.4% 6.2 5%
3
NESCAFE
2,270 26.0% 10.6 ▲2%
4

PEPSI
1,797 27.9% 7.9 2%
5
LIFEBUOY
1,751 27.3% 7.8 1%
6
MAGGI
1,580 26.7% 7.2 4%
7
PANTENE
1,456 31.9% 5.6 ▲2%
8
KNORR
1,290 27.6% 5.7 1%
9
LAYS
1,146 26.0% 5.4 2%
10
DOVE
1,117   33.7% 4 18%
 FMCG:動きの速い消費財(Fast-Moving Consumer Goods)
 CRP:消費者購入回数(Consumer Reach Points)
 PENETRATION:消費者周知度(ブランドの認知度)
 FREQUENCY OF PURCHASE:世帯平均購入頻度

1位は、コカ・コーラ
CRPは、2位以下を寄せ付けない、53億個!!
左は日本コカ・コーラの商品ラインナップですが、沢山ありますね^^
この他、コークライト、コークゼロもあるので、一体どれだけバリエーションがあるのでしょうか?
アジアでは、ランクインしませんでしたが、世界で一番売れているのは、『コカ・コーラ』です。


2位は、コルゲート。
2/3がアジアでの売り上げです。
日本では、あまり馴染みがないですが、間違いなく世界一のオーラルケア商品です。



3位のネスカフェは、ネスレのコーヒーブランド。CRP2,270のうち1,464がアジアです。
4位のペプシは、言わずと知れたアメリカのペプシコ社のコーラです。
5位のライフブイ(浮き輪)は、ユニリーバの石鹸です。世界一の石鹸会社です。
6位のマギーは、ネスレの調味料。日本ではマギーブイヨンが有名です。
7位のパンテーンは、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)のシャンプー。CRP1,456のうち実に1,150がアジアです。
8位のクノールは、ユニリーバの食品ブランド。日本では味の素傘下です。
9位のレイズは、1932年創業のアメリカのスナック菓子メーカー。
10位のダブは、ユニリーバのヘアケア・ボディーケア商品。日本でもお馴染みですね。

ネスレとユニリーバは強い!!
この二つが、小売り界の2大巨塔なのは間違いないですね。
単独商品では、やっぱりアメリカのブランドが強い。

しかしほとんどの商品が、アジアでの販売数が6割近くと、
アジア市場というのは、世界に与える影響が本当に高いのですね。

アジアを制する者が、世界を制する!
これ本当ですね^^




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。
コメントを投稿