Translate

わかりやすいフィリピンのVISA延長料金

フィリピンのVISA延長料金をまとめます。
2014年7月に改定がありました。
最新版はコチラ

日本人はフィリピンへVISA無しで渡航できます。
このビザは、通称『ツーリスト(観光)ビザ』と呼ばれていますが、正式名称は『NON-IMMIGRANTS VISA(非移民ビザ)』です。
入国管理法の第9条にまとめられてますので、SEC-9と表記されることもあり、更にa~gに項目が分かれているので、9aとか9b、9gなどと表記されることもあります。

ちなみに
9a Pleasure, business or health (遊覧、ビジネスや健康)
9b Transit(通過)
9c Seaman(船員)
9d Treaty Traders(条約上のトレーダー)
9e Foreign Government Officials(外国の政府職員)
9f Student(学生)
9g Pre-Arranged Employees(事前配置の会社員)
となっていて、通常のツーリストは、9aに該当します。

VISAの延長料金



ビザ免除というのは、59日間までビザ無しで滞在できるが、入国の際は30日までしかあげてないので、残りの29日分は延長してくださいね!という意味です。この時点では、「非移民だけど、あなたのステータスは何でもいいよ。」という事になっています。


滞在が59日を過ぎると、「非移民だけど、あなたのステータスを確定しないと居ちゃだめですよ!」という事で、何も申請しないと『9a』が割り当てられます。
1ヶ月の延長と、2ヶ月の延長が選択できます。
そして、「私フィリピンに滞在する外国人です」ってことで外国人登録をしなければなりません。
注意しなければならないのは、この時にECCの料金を払っているという事です。
フィリピンに6ヶ月以上滞在した場合、「無犯罪証明」のような役割の『移民通関証明書(ECC)』という名の「出国許可書」を得なければならないのですが、その料金はこのB表の段階で領収されます。
このB表の領収書を保管して、帰国前のECCの申請時に添付資料として提出しないと、再度支払うことになります。
2度払いになっちゃうので、捨てちゃだめですよ!

また59日を超えて滞在する場合は、外国人登録カード(エイリアンカード)を作らなければなりません。
どうしてUS$なのか分かりませんが、US$50+P500で約P3,000掛かります。
2ヶ月の更新をする場合は、P5,600+P3,000でP8,600掛かります。
ここが一番お金がかかりますね^^;


その後、2ヶ月毎に延長できます。
が、滞在6ヶ月以上はD表が適用されるので、C表は実質1回だけの適用になります。


滞在6ヶ月以降は、「ここに住んでますよ!」って言う居住証明書が必要になり、余分にP1,400かかります。
ビザの延長は、Philippine Immigration Act of 1940 と Aliens Admitted under E.O. 408に規程され、16ヶ月までは通常に認められます。
また16ヶ月以降24ヶ月までは、The Chief of the Immigration Regulation Division. の許可を得れば可能です。
24ヶ月目以降は、The Commissioner. の許可が必要ですが、面倒なので一回帰りましょうね^^
(もしくは、2日以上香港とか安い所に旅行に行きましょう。)


なお、オーバーステイは毎月P510加算されます。
入国時の30日を超えてしまっているのに、ビザ延長手続きをしないと、余分に払わなければならないので、延長は適宜行いましょう!

また、入国管理法の規程で
『全ての申請者は適切な服装をすること。ショートパンツ、サンダル、スリッパ履きの申請者は、入国管理局に入ることが出来ません。』
というのがありますので、十分にお気をつけてください!

まとめ


うーん。結構かかりますね^^;
いつか裏ワザを紹介します!乞うご期待!

探し物にはコレ
車のキーや財布、スマホetc.
GPSとBluetoothで見つける・見つかる・追いかける
行動追跡だって出来ちゃうけど、悪用厳禁
盗難・紛失防止 Nut3 4個入り8,860円

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
この記事が面白いと感じて頂けましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。
コメントを投稿