Translate

迷惑メール対策 IPアドレス編

APNIC

前回はドメイン名から送信業者を検索しましたが、
今回はAPNICが提供するWhoisサーチデータベースに接続して
送信業者を検索してみましょう。


ちなみにAPNICとはなんぞや?という方の為に簡単に解説。
その昔、電気通信事業は主に固定電話で、各国で独自のルールを決めて取り扱っていました。
  しかしある時からインターネットが猛烈な勢いで普及しだし、国際ルールが必要となりました。
  このインフラにはIPアドレスを使いましょうってことで、それを管理する団体が必要となりました。
  そこで作られたのがICANNやIANAで、その下部組織として、東洋太平洋を統括するAPNICが作られたのです。
というのがAPNICで、要は東洋太平洋地区のインターネットのガバナンスってことですね。

さて、本題に戻って迷惑メールを通報しましょう!
今回はG-Mailを使って対処します。



迷惑メールを開き、返信の横の▼(赤丸の部分)を押すとプルダウンメニューが表示されます。
このメニューの中から「メッセージのソースを表示(赤線の部分)」を選択します。
すると、英語で書いた下図のような画面が開かれます。

この画面から「X-Originating-IP:(赤線部)」を探します。(Originatingは発信元)
これの横の「[103.249.213.28]」という数字列がIPアドレスです。
この数字列をドラッグしてコピーします。
  Received: fromというところにも赤線を引いておきましたがここにもIPアドレスがあります。

次に、APNICのサイトを開きます。「Whois search」を開くと下図のような画面が出ます。
(リンクでは「Whois search」に直行するように設定してあります。)
  



この画面の赤丸部に先ほどコピーしたIPアドレス(数字列)をペーストし、右の「Search」ボタンを押すと…


















はい。接続事業者さんが出てきました^^/
netname:(ネットの名前)、address:(住所)、country:(国)、phone:(電話番号)、fax-no:(FAX番号)、e-mail:(メール)なんかがはっきりと書いてあります。
この事業者さんに
「こういうメールが大量にきて困ってます><対処願います!」と
電話かメールで訴えましょう。

事業者さんにもよりますが、良心的な事業者さんで1~2日、普通の事業者さんでも数日後にはこの送信者のメールは来なくなるはずです!





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
この記事が少しでもお役に立てましたらブログランキングをクリックして応援していただければ幸いです。


コメントを投稿